引越しの″全てを決める”梱包(荷造り)④トイレ、お風呂、洗面周り編どうやって梱包するの?

①引越しの″全てを決める”梱包(荷造り)箱詰め編
引越しの″全てを決める”梱包(荷造り)玄関回り編
引越しの″全てを決める”梱包(荷造り)外回り編

次はお部屋の中のトイレ、お風呂、洗面周り編です。

トイレ周りの梱包

基本は大きなダンボールに入れましょう。

トイレットペーパーや、
掃除グッズ、後は
便座マットなどでしょうか?
タオルかけなどの小物も
一緒に梱包して下さい。

又トイレの洗剤など傾いた時に
こぼれる可能性があるものは
立てたまま箱に詰めて
倒れないように固定してください。

特に注意することは無いです。

お風呂周りの梱包

かさばるモノが多いお風呂周りは
基本大きなダンボールに梱包しましょう。

プラスティック製品が多いので
お風呂用品は壊れません。

お風呂のふたはそのままで構いません。
いやこの際たぶんサイズが違うので
捨てちゃって、新しいお風呂の
ふた買ってあげて下さいw

間違えてマンションやアパートの
備品であれば間違えてもって
いかないようにして下さい。

シャンプー・洗剤

お風呂グッズは特に注意が必要です。
ダンボールの中でシャンプーが倒れて
中身が出ることもよくあります。
倒れないように箱詰めしてください。

バスチェアは大きいので、
大ダンボールに入れましょう。

洗面下の収納

これは注意してほしいです。
小ダンボールに入れてください。

洗剤はどうしても重くなりますので、
大きなダンボールではなく
小ダンボールに箱詰めしましょう。

口が空いたものは特に
倒れないようにしましょう。

洗濯機ラック

是非、引越当日までに
ばらしておいてほしい荷物です!

もちろん作業スタッフでも外せますよ。
でも、作業効率が格段にあがります!

↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓

↓絶対安い!おすすめの引越業者が比較出来るサイトです↓