今更聞けない引越し見積り!?どのタイミングで引越しの見積もりを取ればお値打ちな見積もりを出せるのか?

あなたは引越し見積もりをいつ取りますか?

これって皆さんわかりますか?
意外とわからないのでは
ないでしょうか?
それでは説明します。

引越し見積もりには有効期限がある!?

まず知っておかないと
いけないこと。

それは引越しの見積もりに
有効期間が定められている
ということです。

『引越運送約款』と言って
国土交通省に届け出を
引越し業者は出しています。

そこに書かれている期間は
3ヶ月』です。

3ヶ月』前から引越し見積もりを
してもらえるということです。

でも『3ヶ月』というと、
流石にちょっと早過ぎますよね。
では

実際にはどれぐらい前に引越し見積もりを取るの!?

はい。お答えしましょう。
実際は1~2ヶ月前の
引越し見積もり依頼が
最も多くあります。

ですがこの期間は本当にバラバラで
もちろん直前の2週間前という方
もいれば『まだ引越し日は
正確に決まっていないけど
新築のお家の完成予定日は
だいたいこれぐらい』
という状態での引越し見積もりを
取る人も多いです。

では

引越し見積もりで一番お値打ちなタイミングはいつ頃!?

では引越し見積もりで一番お値打ちな
タイミングの引越し見積もり
というのはあるのでしょうか?

コレは受け手の私達引越し業者側
にしかわからないと思いますが、
やっぱり1ヶ月半~2ヶ月前が
一番お値打ちに
見積もりを出せると思います。

その理由。
それは私達引越しを受ける側の
立場で考えると、さすがに
1ヶ月半~2ヶ月となると、
予定が決まっていないのが現実です。

で私達引越し業者はどう考えるかというと、
そろそろ引越し現場を入れて行こうかなと
思うタイミングなのです。

表現は変ですがあまり先(2~3ヶ月前)だと
お客様もピンとこないし、契約になりにくい。

が、この辺り1ヶ月~2ヶ月前では
お客様も色々なことを進めなければいけないと
思うタイミングで、同時に私達も
そろそろ来月の売上を立てていかないと
いけないと思う頃だからです。
なので、大体でいいから引越しを入れておく
というタイミングなのです(笑)

2週間前~1ヶ月前の引越し見積もりはお値打ちなの!?

では2週間前~1ヶ月は
どうかというと、
事実そこまで契約を入れ込むけれど
しっかりと売上げを目標に対して
進めなければならない頃です。

なので安い料金では
入れにくいというのが、
引越し業者側の勝手な思いです。

では引越し直前~2週間前の引越し見積もり依頼はどう!?

ハッキリ言って、高いです!(笑)

当たり前ですが直前のお客様は
高いです。

考えて下さい。
転勤は別として、
2週間前にならないと
引越の段取りをしない人・・・

また作業スタッフの
スケジュール(勤怠管理)
もあります。

そんな直前で入れるなら
よほどいい引越し値段でないと
入れません。
スタッフの休みを変えてまで
入れたい現場=いい値段の引越し
となるわけです。

如何でしたか?

これがお値打ちに見積もりを取る
タイミングです。

このページを見ているあなたは
引越し日の何日前ですか!?

↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓

↓絶対安い!おすすめの引越業者が比較出来るサイトです↓