3月の引越費用を抑える方法2つ。

『いい引越しを安くしたい』人だけ最後まで読んで欲しい!『たった107秒』で読める記事です。是非読んで下さい!

3月の引っ越し費用は高いですよね。
世間ではそう思われています。

しかし、やりようによっては
お値打ちに対応できる日もあります。

例えば、単身荷物で
地方から東京までの移動があったとします。

あなたなら3月20日、
いくらなら出せますか?

もしここで、あなたが5万円と考えた、
いやそれ以下にする自信があるという人であれあば
スルーしてください。

私の経験の中でもなんとか
お値打ちに対応する方法を考えています。

実は簡単なことなのです。

3月の引越費用を抑えるには
『引越日に余裕を持たせる』ということです。

ケース1;荷物を積む場所が1人暮らしのワンルームで
東京の実家に戻るという引越の場合

このような場合は最高にお値打ちにできます。
引っ越し会社もいろいろ考えていますが、
『混載』を使います。

『混載』とはどういうことかというと、
2件分の引越、
もしくは3人分のお引越しを、
うまくまとめて
1台の大きなトラックに載せて運ぼうとしています。

しかし、なかなか1台の大きなトラックに
2件や3件のお引越しを組み合わせるのは大変です。

皆さんの予定が合わないからです。
全員が3月の20日に
引っ越す人ばかりではないということです。

ですが、そこをあきらめずに、
3月下旬の引越でも例えば、
3月の20日に荷物が出せれば届は1週間後でもOK!
という方はいくらでもいます。

⇒降ろし先は実家だから
寝る場所はいつでもあるし、
荷物は実家の親が受け取ることが出来れば、
完成です。

このようなお客様同士、
融通が利くお客様どうしで
荷物を積み合わせるのが、
ベストでしょう。

3月の引越費用を抑える方法のうち
1つを書きました。あとは下の一括サイトを利用して、
しっかりと料金を出してもらいましょう!

↓安く引っ越したいなら↓
↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓
★★★見積もり無料!★★★