『何からやればいいの!?』引越しであなたがするべき手続きは?

『いい引越しを安くしたい』人だけ最後まで読んで欲しい!『たった107秒』で読める記事です。是非読んで下さい!

引越しは本当に面倒な事が
多いですよね。

一体全体何からすればいいの?
と思われる人も多いでしょう。

そんなあなたにとって
必要な手続きや本当に
やらなければならないことを
箇条書きでまとめてみましたよ。
是非見て下さい。

その①取り敢えず引越しの見積もりを取ろう!

引越しを決めるのはまずは新居から。
大学の近くに住みたいとか駅に近い、
リビングの大きなマンションや
子供の学区が変わらない
分譲マンションなど・・・

物件を調べるのも楽しいですよね。

新居を選ぼう

昔は婚礼タンスと呼ばれる
大きなタンスがあり、中々新居に
入らないということもありました。

最近はクローゼットの大型化に伴い、
タンスが入らないということは
だいぶ減りました。

そのかわりにネックになるのが、
大型の冷蔵庫とドラム式洗濯機です。

玄関から入らないことが
普通にあります。なので大型の冷蔵庫、
ドラム式洗濯機の場合は
注意が必要です。

また分譲マンションに
よくあるのですが、
マンションに門があったりする場合も
トラックが門をくぐれないことが
あります。

またクイーンベットは
エレベーターに入りません。

階段も通らないことがあります。
注意が必要です。

賃貸契約か購入・初期費用の支払い

賃貸の物件であれば『賃貸借契約書』を
交わします。その時に重要事項説明書を
読んでもらいます。

敷金・礼金なども物件ごとに異なります。
賃貸業者さんに必ず確認しましょう。
同じ物件でも不動産業者さんによっては
敷金・礼金が異なることもよくあります。

分譲マンション・新築一戸建て

初期費用は100万円~200万円
ぐらいは必要になると思います。

物件によっては初期費用『0』みたいな
物件などもあります。
よくチェックしておきましょう。

引越日を決めよう

不動産業者さんからご紹介を受ける
場合もよくあります。

当たり前ですが部屋を借りたり、
マンションを買って眺めている
だけの人はいませんからね。

なのでいつから入居が出来るのか
確認しましょう。

そして遅くても
1ヶ月半~2ヶ月前には
準備しましょう。

引越し業者を選ぼう

引越し業者は日通のような
日本を代表する企業(物流がメインですが)から
引越し専業で全国に営業所を構えて
商売をしているサカイ引越センターさん、
地元の引越し業者さんや
軽トラックなどで単身を専門で行っている
軽トラック便の業者まで様々です。

それぞれの特徴を把握しましょう。

引越しの見積もり依頼をしよう

引越しの見積もりは訪問見積りが
絶対に良いです。

色々なパターンがあるのですが、
まず荷物が乗らないという
トラブルはなくなります。

そして訪問見積りのほうが
引越し代も安くなります。

これまた1ヶ月~2ヶ月ぐらい前に
お見積もりを取るのがよいですね。

現住所の管理会社にも連絡しよう

引越しが決まれば、
大家さんと管理会社に連絡をしましょう。

その連絡は契約書の裏に
ついているハガキであったり、
電話連絡で済む場合もあります。

別に借りている駐車場も解約しよう

私も家に2台車があったときは
別に借りていました。

引越しの1ヶ月前には
解約の連絡をしないと翌月の
駐車代の請求が来ます。
注意しましょう。

↓安く引っ越したいなら↓
↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓
★★★見積もり無料!★★★