『何からやればいいの!?』引越しであなたがするべき手続きは?②

『いい引越しを安くしたい』人だけ最後まで読んで欲しい!『たった107秒』で読める記事です。是非読んで下さい!

引越日が決まったら早めにやっておくべきこと、それは・・・

新居と引越日を決めたら、
ここからは色々なことを
実際に進めて行きます。

やることは本当にたくさんあります。

引越しが始まる時間や、
新居のカギの引き渡し、
処分品の処分をどうするか?
又役所関係の手続きも増えていきます。

引越し業者の相見積もりを取ろう&選定しよう

引越し業者への相見積もりは
無料一括査定サイトを使うのが
段取り良くスムーズに運びます。

無料一括査定サイトを使うと
それぞれの引越し業者から
電話連絡が入ります。

そしてどこの引越し業者を
訪問見積もりに呼ぶのかを
決めます。

3~4社もあれば十分でしょう。
自分たちの要望がどれだけ合うかで
決めるのが良いでしょう。

複数社から自分で決めた1社と
契約をして日程と時間を決めます。

引越日までのスケジュールをしっかりと把握しよう

引越日の前後は本当に
することがあります。

『いつまでに〇〇する』
ということがわかるように
スケジュール表に
書き込んでおきましょう。

旧居の管理会社と大家さんに退去連絡をしよう

いつ引越しをするか
キチンと伝えましょう。

それにより残りの家賃の清算や
退去の立合い日を決めましょう。

転居ハガキを使おう

引越しが決まれば、連絡先など
挨拶状を早めに送ることがマナーです。

いつまでと言うと大体2ヶ月ぐらいが
よいと思います。
親戚や友人、目上の人、年賀状を
貰う方には出すのが良いですね。

転居ハガキは密かに
注文が多い商品です。

粗大ごみや不燃ごみの処分をしよう

引越しのタイミングで捨てれるのは
大型家具や電化製品。

生活ごみは捨てることはできません。
又粗大ごみや不燃ごみを
引越し業者に捨ててもらっても、
お金が別途掛かりますので、
不用品、粗大ごみについては
捨てれるものは自分で
捨てるのが良いでしょう。

又リサイクル品として、
リサイクルショップに
持ち込むのもありですね。

幼稚園や保育園の手続き

幼稚園、保育園の転園する場合は
早めに連絡を入れましょう。

保育園は待機児童の問題が
ありますのですぐ入れないかも
しれません。

そして色々な書類が
必要になります。

市区町村に連絡してみましょう。

小学校、中学校、高校の転校届

公立の小学校、中学校の場合は
『在学証明書』を受け取り
役所から『転入学通知書』を作成して
学校に提出します。

公立高校は転入試験に
合格する必要があります。

本当に色々ありますね。

↓安く引っ越したいなら↓
↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓
★★★見積もり無料!★★★