『次は何をやればいいの!?』引越しであなたがするべき手続きは?④

『いい引越しを安くしたい』人だけ最後まで読んで欲しい!『たった107秒』で読める記事です。是非読んで下さい!

引越しも1週間前になりました。
引越し業者から最終確認も入り、
後は引越すばかり。

ですがやることは大詰めです。
頑張って進めましょう。

転出・転居届を提出しよう【役所で手続きが必要です】

市が変わったり県が変わったりする場合
まずは区役所なり市役所なりの
窓口へ行き、転出届の用紙を
貰いましょう。

必要事項を記入して内容に
不備がなければ『転出証明書』を
発行してくれます。

これは本人、世帯主、
もしくは代理人でも可能です。
タイミングは
2週間ぐらい前が目安です。

同一の市区町村の引越しであれば、
転居届を出さなければいけません。

コレを出さないと郵便物が
引越した後もずっと旧居に
届いてしまいます。

これは郵便局に行っても貰えます。
引越す前でもOKですし、
引越しをしてから
14日以内に出しましょう。

国民健康保険の資格喪失届を出そう【役所で手続きが必要です】

サラリーマンの場合は
社会保険に加入していますので、
必要のない手続きです。

自営業(社長さん)
個人事業主、
フリーランスであれば
必ず行わないといけません。

同一市区町村の場合

住民異動届の提出のみでOKです。

他の市区町村に引越す場合

旧住所でその市区町村での
国民健康保険を脱退する
ことになります(資格喪失)

世帯全員の国民健康保険証を
返納します。

新住所で転入届を提出する際に
国民健康保険も手続きします。

印鑑登録の廃止【役所で手続きが必要です】

印鑑登録をしている人は
転出届の提出と同時に
印鑑登録廃止届を提出します。

コレは本人確認が必要に
なりますので注意しましょう

福祉関係【役所で手続きが必要です】

乳児医療費や児童手当、介護保険、
後期高齢者医療費助成など
福祉利用や手当も
手続きが必要になります。

インターネット環境の手続き【ネットで手続き】

インターネットプロバイダの解約する
にはプロバイダによって当月の
解約締め日が違うので
注意しましょう。

モデムやルーターをレンタルしている人も
多いので返却手続きをしましょう。

返却しないと別料金が
掛かってしまいます。

又一戸建てかマンション(集合住宅)に
より加入プランが変わります。

このタイミングでプランの
見直しをする人はかなり多いです。

一度インターネット環境を
見直してみては如何でしょうか?

電気の停止手続き【電話やインターネット、引越し会社で手続き】

電力会社への連絡は引越し業者が
してくれる場合もあります。

引越し業者によって異なります。
建物の外についている
配電盤を見に来ますので、
要打ち合わせが必要になります。

ガスの停止手続き【インターネット、電話で手続き】

ガスは立合いが必要になりますので、
引越し業者が対応
することはありません。

なのでガス会社に連絡して
開栓は早めに連絡しましょう。

止めるのは立合い不要です。

水道の停止手続き【電話、インターネットで手続き】

水道局に連絡しましょう。
特に立合いが必要ではありません。

ですが連絡しないと水道を
使っていなくても基本料金が
発生するので注意しましょう。

NHKの住所変更【インターネットで手続き】

NHKのホームページで対応が可能です。

衛星放送、ケーブルテレビの契約【電話、ネットで手続き】

ケーブルテレビの解約は
設備の撤去がありますので
早めに連絡をしましょう。

引越した後も継続する場合は
住所変更の手続きをしましょう。

新聞の移転手続き【電話、インターネットで手続き】

新聞の配達をしている代理店に
連絡すればOKです。

引越した先で新しい新聞を
購読することも良くあります。

色々な手続きがありますので、
大変ですが一つ一つ
終わらしていきましょう。

↓安く引っ越したいなら↓
↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓
★★★見積もり無料!★★★