引越しで発生する手続きで面倒だったものベスト5!

『いい引越しを安くしたい』人だけ最後まで読んで欲しい!『たった107秒』で読める記事です。是非読んで下さい!

転出届に転入届、電気、ガス、
水道、インターネット、
運転免許証など引越しで
発生する手続きは数多くあります。

その中でも本当に面倒だった
手続きベスト5を紹介します。

面倒な手続き第5位!
転出・転入届

面倒な手続き第5位は
転出届、転入届です。

まず役所に行かないといけない
という点で既に面倒です。

平日に時間を
とらなければいけません。

現住所と同じ
市区町村に引越す場合

引越し後に役所に行き
『住民異動届』の『転居届』を
記入して提出しましょう。

期限は2週間です。

※免許証、マイナンバーなどの
顔写真が付いた本人確認書類と
印鑑が必要です。

代理人が行うことも出来ます。
その際には
委任状が必要になります。

違う市区町村に
引越す場合

現住所の役所で『転出届』を出し
『転出証明書』を貰います。

引越した先の新住所で
『住民異動届』の『転入届』を
記入して提出しましょう。

面倒な手続き第4位!
電気・ガス・水道の
手続き

面倒な手続き第4位は電気・ガス、
水道のライフライン手続きです。

3つの手続きの中でも
唯一立合いが必要なのはガスです。

電気の手続き

旧居の電気を止めるために
電気会社に連絡します。

電話かインターネット、
引越し業者でも
対応している場合もあります。

新居の手続きは同じく
電話かインターネットで
その旨を伝えましょう。

ガスの手続き

電気同様に電話かインターネットで
手続きしてもらいます。

但し、作業員が行うので、
立合いが閉栓、開栓の際に
必要になります。

水道の手続き

電気・ガス同様に
電話かインターネットで
手続き可能です。
事前に連絡すれば簡単です。

面倒な手続き第3位!
運転免許証の住所変更

運転免許証は警察署の
管轄ですので、
運転免許証の住所変更は

  • 運転免許試験場
  • 運転免許更新センター
  • 警察署

の3か所で住所変更の
手続きが可能です。

運転免許証の住所変更に
必要なモノ

  • 運転免許証
  • 住民票の写し
  • 新住所を確認出来る書類
  • 印鑑
  • 写真(が必要な場合もある)

です

面倒な手続き第2位!
銀行口座・
クレジットカードの
住所変更

面倒な手続き第2位は銀行口座・
クレジットカードの住所変更の
手続きです。

電話かインターネットで
手続き可能です。

口頭での確認になるので、
暗証番号や、旧住所、
新住所の情報、口座の情報を
用意しましょう。

窓口で手続きする場合は
住所変更届を記入して
提出すれば完了となります。

必要なモノ

  • 保険証
  • 運転免許証
  • 届け印
  • 通帳

面倒な手続き第1位!
インターネット
回線の手続き

面倒な手続き第1位は
インターネット回線の
手続きでした。

インターネット回線は
一戸建てとマンションに
引越す場合と
手続きが異なります。

一戸建てに引越す場合

インターネット回線の工事が
必要になります。

工事日の調整が必要になります。

マンションや
アパートに引越す場合

既にマンションに
インターネット回線が
引かれている可能性があります。

管理会社に確認を取りましょう。

インターネット回線の業者の
変更をする絶好のタイミングです。

速めに手配しましょう。

如何でしょうか?
これが引越しで発生する
面倒な手続きベスト5でした。

↓安く引っ越したいなら↓
↓管理人が自信を持って紹介する無料一括査定サイトです↓
★★★見積もり無料!★★★